f丸の生態・デイリー

よく本を読んだり、たらたらかんがえごとをしている人のブログです。

基本的に毎日更新しています。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
大映テレビ主題歌〜TBS編〜
大映テレビ主題歌〜TBS編〜 (JUGEMレビュー »)
テレビ主題歌, 高田みづえ, 麻倉未稀, MIE, 東京JAP
やっぱりレンタルすべきでしょうか?うーん、迷い中!!
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
オスカー受賞作「ノーカントリー」を見に行く
見に行きましたさ。
オスカー受賞作品「ノーカントリー」を。
映画館に行ったのなんて「時をかける少女」のアニメ版以来だ。

名駅の映画館で朝一(たしか九時四十五分くらいから)のを鑑賞。
お客さんは半分入りくらい。おじいちゃんばっかり。

コーエン兄弟なんかやっぱりオスカー取ってもマニアックなのね。
よく考えてみると、「ファーゴ」も面白い映画だったけれども、あれ見た人と
感想を言い合うと、たいていラストの「死体をミンチにする」シーンばかり
に言及されるのよね。

そして、「ノーカントリー」。

うん。面白い映画です。
殺し屋VS命を狙われる男、というエンタメの図式で見ても、きっちりと
成立しているので、普通にスリリングで展開が面白い。

原題が「ノーカントリーフォーオールドメン」というらしいので、
随所随所に「年配者に対しての扱いの悪さ」のようなものを挟み込んでいる。
映画のラストも年配者があまり幸せではない死や引退を迎えるというシーンに
着地する(言っちゃった冷や汗)ので、それがやはり主題なのでしょう。

暗くてメッセージ性のある映画なのに、それに対して客観的で淡々とした
態度を貫き通すハードボイルドだと思いました。
スポンサーサイト
- | 16:04 | - | -
コメント
コメントする