f丸の生態・デイリー

よく本を読んだり、たらたらかんがえごとをしている人のブログです。

基本的に毎日更新しています。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
大映テレビ主題歌〜TBS編〜
大映テレビ主題歌〜TBS編〜 (JUGEMレビュー »)
テレビ主題歌, 高田みづえ, 麻倉未稀, MIE, 東京JAP
やっぱりレンタルすべきでしょうか?うーん、迷い中!!
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
あなたが、いなかった、あなた 平野啓一郎
あなたが、いなかった、あなた
あなたが、いなかった、あなた
平野 啓一郎

最近も相変わらずぱかぱか本は読んでおりますが、それでも、やっぱり
食指が動いたり、ぎょっとするものは純文学系でありまして、そんな中でも
平野啓一郎はやっぱりどこか毛色が違う作風をしていて、作風と言うよりも文章を
書いている立ち位置がもうほかとはかなり違うところなんだろうなぁと
思わずにはいられなかったりします。複文で読みにくくてすみません。

今回の連作集「あなたが、いなかった、あなた」も「フェカンにて」なんかだと
「完全につたわるコミニケーションなどない」という主題なのかなぁと思うの
だけれども、こんな設定にする必要はあるのかなぁ? と思わずにはいられないし。
「慈善」なんかも同じように「完璧な善行などない」という主題で、大変に
読みやすくて、しゃれている部分もあるくせに、逆に普通の人っぽくて
「この人はどっちに結局進みたいのだろう?」と思ったりしてしまいます。

とりあえず、「女の部屋」みたいなレイアウトを無視してまでの文学をする人は
今はこの方か中原昌也か筒井康隆くらいです。別に前衛的なことはかまわないけれども、読みにくいから、個人的にはイヤかな。
スポンサーサイト
- | 23:56 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f-maru-a-go-g.jugem.jp/trackback/736