f丸の生態・デイリー

よく本を読んだり、たらたらかんがえごとをしている人のブログです。

基本的に毎日更新しています。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
大映テレビ主題歌〜TBS編〜
大映テレビ主題歌〜TBS編〜 (JUGEMレビュー »)
テレビ主題歌, 高田みづえ, 麻倉未稀, MIE, 東京JAP
やっぱりレンタルすべきでしょうか?うーん、迷い中!!
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
海 小川洋子
海

小川 洋子
童話チックで楽しませてくれた前作の「ミーナの行進」とはがらっと
変わって、小川洋子の新作はぴりぴりとするような純文学の短編集です。

前述の川上弘美なんかが、穏やかな文章で世界への広がりを表現している
ような印象を受けるのに対して、小川洋子は同じような穏やかな文体でも
細かいポイントにぎゅっと絞って狭められていく感じです。それでも
こちらも世界へのつながり、漠然とした大きさを表現していると思うのですが。

全体的に「死」にも似た「取り残された寂しさ」のような空気感が漂うの
ですが、その中でも寂しさへの視点が多様なことによってうまく広がりと
か逃げ道を用意していると思います。

強烈な寂しさとか不安、それと、それをなんとも思っていない人たち。
その二つのコントラストのあいだの陽炎みたいな小説でした。

うーん、分りにくい表現ですみません。
スポンサーサイト
- | 13:30 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f-maru-a-go-g.jugem.jp/trackback/729
サーファーサイトにようこそ!波外しました、っていうのも、85歳のおばあちゃん?と話し込んじゃってー、波外しました。っていうか、B29の話やら津波の話やら、世間話やらやたらと面白かったですねー、なんていうか、年期、経験ばかりを話しするから
サーファーサイトとサーフィンオンリーサーファーサイトの違い。 | 2006/11/22 10:01 PM