f丸の生態・デイリー

よく本を読んだり、たらたらかんがえごとをしている人のブログです。

基本的に毎日更新しています。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
大映テレビ主題歌〜TBS編〜
大映テレビ主題歌〜TBS編〜 (JUGEMレビュー »)
テレビ主題歌, 高田みづえ, 麻倉未稀, MIE, 東京JAP
やっぱりレンタルすべきでしょうか?うーん、迷い中!!
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
山崎ナオコーラ 「浮世でランチ」
浮世でランチ
浮世でランチ
山崎 ナオコーラ

ナオコーラ、久しぶりの一作。丁寧に作られていて、好きです!
これでも一応、小説を書いたりしている人目線からの感想。

●「人のセックスを笑うな」から視線がかなり広がっている。登場人物、場面、
ページ数、全てにおいて以前よりも奥行きが深い。

●長嶋有、川上弘美、吉田修一、糸山秋子のラインの「変わった人間関係を丁寧に
描写」系の小説。ただ、「OL」「公園でランチ」「アジア旅行」「学校での
人間関係」などが、「パークライフ」など既存小説のごちゃ混ぜ的な印象も
受けるかも??

●主題は「人生において幸せな場所・時間は移っていく」ということだと思う。
中学生のころの思い出が最終的に今と結びつく設定も好きです。

●ただ、こんなにも事細やかにいろいろと描写する必要はあったのかという疑問も
感じる。特に中学時代の描写が多い印象を受ける。また、「エコノミー症候群」など、
十年前にはあまり普及していない言葉などが無防備に使われていて、それが描写の
緻密さと矛盾している。

●OLを主人公としているのに、「つまらないOL生活」の描写をほとんど
すっぱり描いておらず、そこも大胆でいいと思う。こういうことは描いてしまうと
たぶん同じような結果になってしまうから。

●ただ、冒頭の「公園でランチ」している女性観がどちらかというと、人間関係
がどうのこうのという世俗的なことで悩む女性じゃないような印象が。もっと
飄々とした人間として、描いて欲しい気も。もっともそうなってしまうと、作品
自体が別の方向へと動いてしまうのだが。

以上。でも、面白かったですよ。

スポンサーサイト
- | 10:56 | - | -
コメント
from: よし   2006/10/15 9:01 PM
こんばんは。
昨晩は早々に失礼いたしました。
チャットは中々参加できないので、いつも参加されている人の話を乱さないか不安です。
昨晩も早々に引き上げ、残念です。いろんな話があったんでしょうね。また参加しますので<(_ _)>。
from: f丸   2006/10/22 3:32 PM
えーと、まずは最近ブログをあまりチェック
しておらず、返信が一週間くらい遅れてしまい、
申し訳ございません(汗)

チャットはあんな感じでよかったと思いますよ。
けっこう久しぶりのチャット会でしたしね。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f-maru-a-go-g.jugem.jp/trackback/725
みなさん、こんにちは♪ 本日チャット会を開催します。 開始時間は本日14日(土)午後11時です。 私は遅れて参加の可能性もあるのであしからず。 チャットルームは、こちらからお入りください。 初めてのかたも是非お気軽にご参加いただけたら嬉しく思い
活字中毒日記! | 2006/10/14 8:12 AM