f丸の生態・デイリー

よく本を読んだり、たらたらかんがえごとをしている人のブログです。

基本的に毎日更新しています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
大映テレビ主題歌〜TBS編〜
大映テレビ主題歌〜TBS編〜 (JUGEMレビュー »)
テレビ主題歌, 高田みづえ, 麻倉未稀, MIE, 東京JAP
やっぱりレンタルすべきでしょうか?うーん、迷い中!!
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
直木賞も行ってみよう!!!
●直木賞

伊坂幸太郎(35)「砂漠」(実業之日本社)5

宇月原晴明(42)「安徳天皇漂海記」(中央公論新社)初

古処 誠二(36)「遮断」(新潮社)2

貫井 徳郎(38)「愚行録」(東京創元社)初

三浦しをん(29)「まほろ駅前多田便利軒」(文芸春秋)2

森  絵都(38)「風に舞いあがるビニールシート」(文芸春秋)2

わーい!直木賞のほうは「遮断」以外既読ですよ!感想は書いていません
が。でも、古処誠二の小説はあまり好きじゃないのよ〜。
ま、明日図書館で借りてこようっと。

映画化などで、時の人となっている伊坂幸太郎がゲットすれば、世の中
的にばっちりなのでしょうが。なんでしょうね。見れば見るほど、受賞
なんてできなさそうに思えてくるのが不思議でなりません。

それならば、二回目ノミネートの森絵都、古処誠二、三浦しをんあたり
にもチャンスが?と思えそうですが、森絵都なんかは「児童書の枠を
飛び出した、作者にとっても新しいレベルの作品集」と高評価され
そうですし、直木賞向きといえば、古処誠二なんかバッチシですし。

三浦しをんはテイストが軽すぎるので今回は、パスで。

山本周五郎賞の宇月原晴明もかなり他とかぶらないジャンルで、可能性
も充分!貫井徳郎はマイナスポイントはないけれども、プラスポイント
もないので、こちらはやや遠いでしょうか。

というわけで、エフマルは

◎ 森絵都
○ 宇月原晴明
● 伊坂幸太郎
▲ 古処誠二   で行かせてもらいましょう!




スポンサーサイト
- | 14:50 | - | -
コメント
from: かいくん   2006/07/04 9:17 AM
自分もそんな気がしています。

これでまた文春のVが続くのかな。

なんで「チョコレートコスモス」は候補にならないのかな? 「よるピク」に続いて疑問ですね。
from: f丸   2006/07/04 10:08 AM
うーん、でも。チョコレートコスモスは
作風的に直木賞じゃないでしょう。完全に。

伊坂幸太郎、恩田陸あたりは本当に「どれでノミネート」という点でも損をしているような・・
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f-maru-a-go-g.jugem.jp/trackback/717
というふうに、聖月法師様は言い切る。 本当は伊坂の『砂漠』大好きなんだけど、麻雀やらボーリングやら、万人向けでない材料が出ているのが難点。 聖月様はどちらもよく知っているから楽しめたんだけどさ。 ということで『遮断』がとります。 芥川賞は鹿島田真希
「本のことども」by聖月 | 2006/07/03 3:09 PM