f丸の生態・デイリー

よく本を読んだり、たらたらかんがえごとをしている人のブログです。

基本的に毎日更新しています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
大映テレビ主題歌〜TBS編〜
大映テレビ主題歌〜TBS編〜 (JUGEMレビュー »)
テレビ主題歌, 高田みづえ, 麻倉未稀, MIE, 東京JAP
やっぱりレンタルすべきでしょうか?うーん、迷い中!!
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
最近の読書。ダイジェスト!!六月。
あいかわらずたくさん読んでいますが、感想を書かないまま
図書館に返却した物も多いのでダイジェストで!!!

「町長選挙」
面白かったですが、だんだん伊良部センセが善行をし始めてきています。
これ、よくある傾向ですよね。
「Mrビーン」なんかも、最初はやりたい放題いたずらをしていた
のに、だんだんいたずらで人助けをしようとしてからは*◆☆

「東京バンドワゴン」
これは好きです。小路幸也の小説のなかで今のところ一番好きです。
意識して書いているのでしょうが、昔ながらのホームドラマの
雰囲気がふんだんにあって、ミステリ色が薄いところが逆にまた
いいです。

「天使のナイフ」
すごくワクワクするエンタメ小説でした。被害者側加害者側の
痛みを300ページ程度の長いとは言えないページ数でうまく
表現しているなぁと感じました。
こういう「罪の重さ」小説は重くて長く書きすぎて痛々しさが
目立つものが多いのが最近、個人的には嫌だったので、気に入りました。

「途方に暮れて、人生論」
保坂和志は嫌いではないのですが。
エッセイを読んでいても、小説と同じような印象を受けてしまう
のはどうしてだろう。ある意味すごいですね。

「強運の持ち主」
最近、瀬尾まいこは自分好みじゃない傾向が強かったですが、これは
まぁまぁ好きです。
ビターさに欠けるのは相変わらずですが、丁寧に言葉を選んで描写を
練り上げているような文章が好きです。

「夜の朝顔」
小学生の頃のノスタルジィがつまっていますね。ほとんど同世代の
言葉が意外とツボです。エスタークとか。

他にもいくつか読んでいますが、とりあえずダイジェスト!!!
スポンサーサイト
- | 11:25 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f-maru-a-go-g.jugem.jp/trackback/712