f丸の生態・デイリー

よく本を読んだり、たらたらかんがえごとをしている人のブログです。

基本的に毎日更新しています。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
大映テレビ主題歌〜TBS編〜
大映テレビ主題歌〜TBS編〜 (JUGEMレビュー »)
テレビ主題歌, 高田みづえ, 麻倉未稀, MIE, 東京JAP
やっぱりレンタルすべきでしょうか?うーん、迷い中!!
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「パンク侍、斬られて候」町田康
パンク侍、斬られて候
パンク侍、斬られて候
町田 康
超大作「告白」に挑む前に数年前のヒット作のこちらに挑みました。町田康はあんまり得意な文体じゃないですけれども、それでも頑張っていました。丁寧に読んでみたらとても面白いんじゃないかと思って。同じようなことを考えていらっしゃる方がネット上のご近所でいらっしゃいました。皆様、考える事はなかなかおんなじ?なのね。

丁寧に自分なりに丁寧に読みましたが、それでも苦手なままでした。しくしく。
おもしろくなかったわけじゃないのーにー、やはりどこかつかめない感じがするのです。なーぜーだー???

好きなシーンは茶山のところです。「おへどにしてしまいなさい」
スポンサーサイト
- | 13:50 | - | -
コメント
from: 聖月   2005/04/10 2:09 PM
ネットのご近所さんは発売当初に読んで再掲書評なのです。
でもこれ、出版は去年のことども。
東京へ上って、江戸は八重洲のブックセンターで買ったのことども。
一緒に買ったのが『チルドレン』と小川洋子チンだったのことども。

この人の文章はワシの師匠のことども。いわゆる教科書なのです(^.^)
from: f丸   2005/04/10 5:56 PM
聖月先輩のさらに御師匠ですか!

大先輩ですな!お顔をお見せしたいのですが、うーんどうしようかなぁ。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f-maru-a-go-g.jugem.jp/trackback/442
多分、本書『パンク侍、斬られて候』は、町田康の集大成作品と呼んでもおかしくないだろう。過去、『夫婦茶碗』や『耳そぎ饅頭』といった、評者がいたく痛快に読した傑作たちを他人にお薦めしたところ、共感者が半分、何が面白いのって感性の輩が半分だったのだが、この
「本のことども」by聖月 | 2005/04/10 2:05 PM
読書感想「パンク侍、斬られて候」 パンク侍、斬られて候 【評価】★★★★
三匹の迷える羊たち | 2006/01/13 12:19 AM
タイトル:パンク侍、斬られて候 著者  :町田康 出版社 :マガジンハウス 読書期間:2006/04/23 - 2006/04/26 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 江戸時代、奇怪な宗教団体「腹ふり党」が蔓延する藩に現れた牢人・掛十之進。彼は弁舌と剣の
AOCHAN-Blog | 2006/05/22 3:43 PM
マガジンハウス (2004/3/18) ASIN: 4838714904 評価:85点 時代小説かとおもいきや、中身は奇想天外荒唐無稽一罰百戒魑魅魍魎のナンセンスドタバタ小説だ。 誰もが昔の筒井康隆を思い出すだろうな。 しかし、設定や展開がドタバタでも、文章のキレが凄い。 や
デコ親父はいつも減量中 | 2006/12/07 12:09 AM