f丸の生態・デイリー

よく本を読んだり、たらたらかんがえごとをしている人のブログです。

基本的に毎日更新しています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
大映テレビ主題歌〜TBS編〜
大映テレビ主題歌〜TBS編〜 (JUGEMレビュー »)
テレビ主題歌, 高田みづえ, 麻倉未稀, MIE, 東京JAP
やっぱりレンタルすべきでしょうか?うーん、迷い中!!
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
TSUTAYAさん!ありがとう!アイドルベスト30!!
アイドル・ベスト30
アイドル・ベスト30
オムニバス, 本田美奈子, 秋元康, 新川博, 田村英里子, 田口俊, 小林武史, 立花理佐, 真名杏樹, 山川恵津子
1.1986年のマリリン(本田美奈子)
2.ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
3.キミはどんとくらい(立花理佐)
4.スタア(甲斐智枝美)
5.微熱かナ(伊藤麻衣子)
6.探偵物語(薬師丸ひろ子)
7.I Think So(岩崎良美)
8.時に愛は(松本伊代)
9.守ってあげたい(原田知世)
10.白いバスケット・シューズ(芳本美代子)
11.純愛カウントダウン(相川恵里)
12.恋と涙の17才(つちやかおり)
13.夢色のメッセージ(西村知美)
14.脱・プラトニック(桑田靖子)
15.明日…咲く(パティ)



ディスク: 2
1.好きよ(田村英里子)
2.疑問(立花理佐)
3.Temptation(誘惑)(本田美奈子)
4.愛情物語(原田知世)
5.プラスティック(奥田圭子)
6.Follow Me(沢口靖子)
7.CAN’T TAKE MY EYES OFF OF YOU(少女隊)
8.GEMINI(川島なお美)
9.ふり向いてマイ・ダーリン(藤代美奈子)
10.レースのカーディガン(坂上香織)
11.心細いな(ヘレン笹野)
12.ありがとう(石坂智子)
13.ミスター不思議(川島恵)
14.愛があるから生きている(松本小雪)
15.メイン・テーマ(薬師丸ひろ子)

そしてTSUTAYAでこんなものまで発見!自分が借りなきゃ誰が借りる!アイドルベスト30!80年代を彩ったこのメンバー!そんなに彩っていない人が多いのが、また自分的には魅力満載!!でも、その割りに知らない人も多いけれども、そんなことは意外とどうでもよかったりもする。

個人的にうれしいのは最近、本田美奈子の葬式で久しぶりにその姿を拝見した立花理佐の二曲!「理佐の妖精伝説」の歌が入っていないのはやや惜しいが、「疑問」を聞いて「ロッテのアイスのCM」を思い出して、少し感激。

いまや大?女優のお二人の伝説の歌声を聞けたのもうれしいです。なお美の「ジェミニ」は「ふーん。うまくこなして歌ってるね。お笑いマンガ道場もこんなノリだったんだろうな」くらいですが、沢口靖子はこりゃまた伝説的!小室サウンドを真っ向から全否定するようなリズムの取れなさがはらはらするような、どきどきするような。
「無理なことはさせてはいかん!」という言葉が胸に残りました。自分的には岸本加代子と双璧をなします。

桑田靖子、マリンバのCMでてましたね。あのお菓子好きだった・・・けれども、この歌には特に思い入れはありませんが。みんなこの人の名前をだすと「桑江知子」と勘違いしますね。正直、どちらもかなり微妙な人選ですが。

「純愛カウントダウン」相川恵利「レースのカーディガン」坂上香織、どちらもそこそこいい曲だった印象が残っていました。聞きなおしてみると歌詞の全貌が明らかになって、まぁ、カタルシス。
坂上香織はキテレツの主題歌でしたっけ?それとも、らんま?あと、第三野球部の主題歌とかもしていたような・・・

田村英里子の二曲もいいですね。このメンバーの中だからかもしれませんが、昔は声量が頼りなく思えて不満だった歌唱力が大変に光っています。
なによりも声がしっかりと安定しています。
「好きよ」の何様のつもりよ!みたいな女の子も「今も昔もこんな人だったのね」と思わせてなかなかですが、「ロコモーションドリーム」の♪運んでリニアエキスプレスの「リニアエキスプレス」という歌詞がぜんぜん聞き取れなかった事なんかも、今となっては楽しく思い出してしまいました。

図書館にベスト盤「Discovery」があるので、今度借りてきます。

松本小雪とかパティとか川島恵とか、誰?と思いましたが、まぁ個人的には本当に満足でした!
ただ、難を言えば、中山忍を「小さな決心」あたりを入れてほしかったですね。

待っていたぜ!英里子!
「英語でしゃべらナイト」に田村英里子が緊急来日&出演。 あ、またアイドルの話だ・・・ま、相変わらず気にしませんが。

「年の割りに妙に危なっかしい色気を持っている」と「新伍紳助のあぶないはなし(たしか)」で島田紳助に言われて号泣した彼女。
ちなみにその翌週は細川ふみえの伝説の訴えますブチ切れ放送だったことをなぜ自分は刻銘に暗記しているのか!
閑話休題。

そしてその後、その言葉の呪いにでもかかったようにあんなようなこんなような事件を起こされた上に、マイクタイソンにも気に入られたという噂も流れたえりりんがNHKに帰ってきた!

もしもあのまま日本で女優を続けていたら、もしかしたら川島なお美、柏原芳恵、武田久美子系の重くこゆーいどろどろした二時間ドラマの似合う女優になっていたのでは?と少しずれた輝かしい未来を個人的に勝手に嘱望されていたえりりんが!!

アメリカでの女優活動では「このビッチ!」と主人公をなじるような役つくりをしているそうで。

そりゃまたなんとも絵に描いたような展開で地球は思ったよりも思うように回ってくれるのだなとか、納まるべきところに人は納まるのだなとしごく深く納得。

ただ英里子嬢は番組中で一度「OH!」と完全に外人のOH!を叫びました。

レコード大賞新人賞をマルシアと最後まで競っていたあなたの勇姿は忘れないわ!ハリウッドでも「男って少し暗いのが素敵」と松本隆センセの名文句を忘れないで!
平成生まれにとってのキョンキョン
いつもどおり中学生をころころーと転がして、小銭を稼いでいるとその中学男子が「学園天国」と聞き捨てならないワードを発しました。

「それ小泉今日子が歌っていたよ」とフインガーファイヴはハナッから言わないでおいたら、いまひとつ小泉今日子もぴんと来ないご様子。

なになら分かるかな、最近、キョンキョンあまり歌も出していないし、ドラマも映画も中学生向きのないしなぁ・・・

「あっ、踊る大捜査線ムービーの1で犯人役で歯に矯正つけていた人!」と言い、そうしたら彼は何かを思い出したらしく、「あっ、この前交通事故してなにも謝らなかった人!」と言いました。

どうもそうしたら、彼の中で小泉今日子は悪い女性というかなり世の中の共通認識とは誤まった認識が芽生えてしまったようです。

あぁ、なんてことでしょう。多少声量はないものの、キュートな歌声の清純派女優&歌手なのに・・・

だれかお願いだから彼に「あなたに会えてよかった」の「パパとナッちゃん」の「木枯らしに抱かれて」の「僕の彼女に手を出すな」の「クノールカップスープ」の「霧が峰」の紅白の司会さえも袖にした全盛期の輝かしいばかりのキョンキョンのすざましい光を伝えてやってくれ!お願いだ〜!

切ない片思いあなたは気づかないなのに〜!!!!
昔、昔、イオナというマンガが・・・
イオナ 2 (2)
イオナ 2 (2)

昔、昔、「イオナ」というマンガがありました。大好きでした。
当時、f丸は小学生でしたが、「YAWARA!」と「伝染るんです」目当てにスピリッツを毎週購読していました。さすがは三歳で明星デビューした男だ!

そこで「イオナ」が連載されておりました。残念ながらそんなに有名な作品とはなりませんでしたが、叶恭子ばりのセクシーダイナマイト(古っ)で地球は私が回している的な女が小学校教師をするという、GTOとショムニといまどきの子供を無理に合わせたようなステキなマンガでした。

けれども、これに続編があったのです!
なんとあの七年四組の彼らが高校生になって、また小学校教師として戻ってきたイオナと再会!?

あぁ、田辺がやっぱしこんなことになっているし〜!!

スピリッツ21で連載されていたらしいこの作品は単行本未収録で、さらにマンガもなぜか二回で打ち切り!

頼むから続きを読ませてくれ!!!
ピンクタイフーン健在!?
どうも不思議な現象が起きています。
f丸の教え子の小中学生の皆様は当然のようにf丸が大好きな昔のアイドルたちのことなんかぺろりと知らないわけなのです。

なのに、それなのに、なぜかピンクレディーだけは確実に全員知っているのです。少なくとも、現在は小中学生、十人中十人の100%です。なぜだ?

キャンディーズも山本リンダもジュリーも百恵ちゃんも岩崎宏美も能勢慶子も西城秀樹も研ナオコも野口五郎も桜田ずんこもトシちゃんも聖子ちゃんも藤井フミヤも明菜もマッチもおニャン子クラブも高部知子も少年隊も少女隊もニャンギラスも風見しんごも河合奈保子もラムーのボーカル菊池桃子もスターポーもセイントフォーもザグッバイもジェームスディーンみたいな女の子・大沢逸美も中山忍も知らないのに。

なぜか、ピンクレディーだけ知っています。本当になぜだ!?あぁ、不思議です・・・
情報求む!カリキュラマシーンの懐かしい響き
80じゃなくて70ですが許してくださいな。
シュール大好きf丸が、この前年上の知人とおしゃべりしていて、シュールギャグの話しになったのですが、そこで飛び出した単語「カリキュラマシーン」

カリキュラマシーンってなに?

いやぁ、古いことならけっこう知っているつもりではおりましたが、きれいさっぱり存じ上げませんでした。まだまだ青いっすね、自分も。手鼻でもかんでごまかしてしまいましょうか。ずずずずっ。

さっそく検索をかけてみました。ぱたぱた。ふむふむ。ウゴウゴルーガの昔バージョンみたいな趣なのかしら?あら、オヒョイさんやズンコがでているのね。ほう、元東京都知事も。ふむふむ。ほうほうシュールギャグがてんこ盛り。なかなか。当時の日テレの総力を結集。ほうほう。興味ますます深深!

しかし、調べてはみましたがこのカリキュラマシーンに存在していたはずの輝かしいヴインテージなギャグが一つものっておりません。面白いんだろうなぁ。気になるなぁ。

そこでです!人生の諸先輩方!どうか、二十代のf丸にカリキュラマシーンの光を届けてください!よろしくお願いいたします。求む!情報を!
あぁ、あの「ペットントン」
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Shiro/8500/petonton.html
みなさまは覚えておられるでしょうか?ペットントンを。そのふざけた名前にご記憶がある方は、この上のURLに飛んでみてください。
確か日曜日の朝に放送されていたペットントン、なんとかだペットンとかしゃべっていたペットントン、ジャミラーとかいう毛虫みたいなのに追いかけられていたペットントンm♪ペットントンこんがらがったこの町はあくびを忘れた冒険のくーにー、という主題歌であったペットントン、最終回は地球崩壊の危機に襲われるが主人公の友人たちは「地球がなくなるなら夏休みの宿題をしなくていいからいいじゃない!」とか言っていたペットントン。

インターネットの情報の海と自分の記憶の糸を何とか手繰り寄せてこれだけ思い出しましたが、なぜかペットントンが具体的にどんな事をしたのか?ということに関しては微塵も思い出せません!

求む!情報を!