f丸の生態・デイリー

よく本を読んだり、たらたらかんがえごとをしている人のブログです。

基本的に毎日更新しています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
RECOMMEND
大映テレビ主題歌〜TBS編〜
大映テレビ主題歌〜TBS編〜 (JUGEMレビュー »)
テレビ主題歌, 高田みづえ, 麻倉未稀, MIE, 東京JAP
やっぱりレンタルすべきでしょうか?うーん、迷い中!!
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
サイゴン・タンゴ・カフェ 中山可穂
評価:
中山 可穂
角川書店
¥ 1,785
(2008-02)
恋愛の一番美しくて残酷な部分だけを集めて、結晶にして、磨いだような、
ページが少なくなっていくのがもったいなく感じるような素敵な短編集でした。

四年前にでた短編集「弱法師」にも雰囲気が似た、恋愛小説の中短編集。

中山可穂の小説の魅力は幻想的な雰囲気を携えたそのピュアさ、そして
それに裏打ちされた荒々しさだと思っていました。

今までの小説でもその傾向は如実に現れていて、恋愛にも仕事にも不器用な
主人公(たいていは芸術家でレズビアン)が激しく求め合って、傷つけあいながら
恋を進めて、時にはアンダーグラウンドな世界(ドラッグなど)にも手を出しながら、
たいていの場合は悲恋で恋が終わるというストーリーでした。
それはそれで、また激しくもなお美しいものでしたが。

そこで、今回の小説です。今回の「サイゴン・タンゴ・カフェ」を読んで、一番に
感じたことは作者中山可穂が主人公と自分を遠ざけて客観的に書こうと
していることです。
一人称を避けて、恋を遠くから見つめるように。まどろこしい方法をあえて
使って、決定的な衝突だけを避けていくように。

特にそれを感じたものは表題作の「サイゴン・タンゴ・カフェ」です。
作者中山可穂に生き写しのような(会ったこともないけれども・・)主人公穂波。
作品中の穂波が惚れた女のために、自分を抑えて、一般受けするような
作品を描くところなんかは、何となくですが、本当に作者もこんなふうに
考えているのかなと、そのままシンクロせずにはいられません。

それでも、どこまでも冷静に、どこまでも客観的に、今までの心の傷、
抱えてきた事、いつまでもは一緒にいられない未来への不安、それらを
全部、包括しながらも二人が織り成す引力に引きずりこまれずにはいられない。

思えば、今までの中山作品は「故意が始まって終わるまで」を描いたものが
多かったように思います。
けれども、この短編集では「恋が始まって、終わる。そして、それから」を
描いているのだと思うのです。
恋が終わって、痛手を負っても、二人ともそれで終わりにはせずに、そこから
教訓を学んで、もしも許されるのならば、もう一度二人をリスタートさせる。

今までの生きるか死ぬかみたいな極端な話よりも、やはりこういう希望のもてる
話のほうが個人的にも好きです。
走ル 羽田圭介
羽田圭介って作家さんの「走ル」って本を紹介いたします。

ちなみにこの羽田圭介という方は、五年位前高校在学中に「黒冷水」という
兄弟がいがみ合う小説で文芸賞(綿谷りさと同じ新人賞)を受賞して
デビューした方です。

前作の「不思議の国のペニス」(改めてみるとすごいタイトルだ・・)も
含めて、引きこもり気味のコミニケーションが不得手な男の子の小説という
森見富美彦系の小説で行くのかなと思いきや、今回の小説は「走ル」。
タイトルの通り、走ります。家にこもることなく、走ります。

内容はというとひょんなことから、高性能なマウンテンバイクを手に入れた主人公
(高校生男子 陸上部員)がそんな気分になってしまったので、八王子の実家を飛び出し
て、学校もサボって、東京を脱出して、勢いのままに、目標もないままに、
北上していくというお話。
花村萬月あたりにも似たようなお話があったし、記憶に新しいところだと
「ハチミツとクローバー」で竹本くんが自分探しに北へ向かったとか、
もうそんな感じ。

ただこの小説、主人公がけっこうたいそうな事をしているのに、軽い。
そして、その周りの人たちの考え方もまた、軽い。

逃げられないような苦悩もなければ、どこまで行く、なんとかするとかいう
明確な目標もないままに、走りたいところ、行けるところまで行こうとして、
そして、気がつけば、いつの間にか、自分と周りの環境(学校など)を
比較しては、ぼんやりと見つめなおしたりする。

なんだか、そんな時代なのかなぁとぼんやり思ってしまいました。
オスカー受賞作「ノーカントリー」を見に行く
見に行きましたさ。
オスカー受賞作品「ノーカントリー」を。
映画館に行ったのなんて「時をかける少女」のアニメ版以来だ。

名駅の映画館で朝一(たしか九時四十五分くらいから)のを鑑賞。
お客さんは半分入りくらい。おじいちゃんばっかり。

コーエン兄弟なんかやっぱりオスカー取ってもマニアックなのね。
よく考えてみると、「ファーゴ」も面白い映画だったけれども、あれ見た人と
感想を言い合うと、たいていラストの「死体をミンチにする」シーンばかり
に言及されるのよね。

そして、「ノーカントリー」。

うん。面白い映画です。
殺し屋VS命を狙われる男、というエンタメの図式で見ても、きっちりと
成立しているので、普通にスリリングで展開が面白い。

原題が「ノーカントリーフォーオールドメン」というらしいので、
随所随所に「年配者に対しての扱いの悪さ」のようなものを挟み込んでいる。
映画のラストも年配者があまり幸せではない死や引退を迎えるというシーンに
着地する(言っちゃった冷や汗)ので、それがやはり主題なのでしょう。

暗くてメッセージ性のある映画なのに、それに対して客観的で淡々とした
態度を貫き通すハードボイルドだと思いました。
HEART STATION / Stay Gold 宇多田ヒカル
評価:
宇多田ヒカル
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
¥ 1,039
(2008-02-20)
久しぶりの更新で、久しぶりに音楽の話題を。
そして、珍しく最近の音楽の話しをいたします。宇多田ヒカルのNEWシングル
「HEART STATION」

今年でデビュー十周年(のはず)。デビュー当時の爆発的な印象だけではなく、
多少の人気の浮き沈みとともにその作風も変化させてきた彼女。

そして、ここ最近の作風、去年の「FLAVOR OF LIFE」以降を
聴いていると思うのが、「個人的で具体的な体験を客観的に描こうとする作業」
なんだろうなと感じるのです。

それはもちろん作詞という仕事をする者にとってはある意味永遠の主題とも
いえる作業で、誰でもそこからは逃げ切れないわけで。

自分だけの感情・気持ちしか伝えられないならば、それはオナ○ーと変わらない
と非難されて、伝わりやすいものしか描かなければ、今度は没個性で面白くない
と非難される。
バランス感覚だけが必要とされる、そんな難しい仕事。

そして、このニューシングル「HEART STATION」の言葉は
「どうしてこんな言葉を選んだのだろう?」と考えれば考えるほど、どことなく
書き手が経験したのであろう絵が浮かび上がって結ばれていくのです。

この場面は、男女の別れの場面、もしかしたら不倫関係かもしれない。
「またいつか会えたなら素敵だと思いませんか」たぶん、そんなことも
言えなかったのだろう。

愛とか好きとか涙とか淋しいとか、そういう恋愛を表現する直接的で感情的な
言葉を一切使わないで、「電波」「ヘルツ」「リクエスト」と一貫性を
持っていて、誰にでも中立な言葉で表現しきったこの歌。

どろどろした恋心を乾いた言葉で固めて隠してしまった、大人の味です。
ありがとう!さようなら!2007年!年間ランキング1位〜10位
評価:
イーユン・リー
新潮社
¥ 1,995
(2007-07)
1位 千年の祈り イーユン・リー
2位 君のためのバラ 池澤夏樹
3位 ゴールデン・スランバー 伊坂幸太郎
4位 とりつくしま 東直子
5位 1000の小説とバッグベアード 佐藤友哉
6位 映画編 金城一紀
7位 タタド 小池昌代
8位 ベーコン 井上荒野
9位 遠回りする雛 米沢穂信
10位 夜明けの縁をさまよう人々 小川洋子

一口メモ
1位 文句なし!!内容が重くて濃厚で、それでいて繊細。読み応えがあって読みやす   い。見事すぎる短編集。
2位 無国籍で雰囲気がある。静かだけどとてもドラマチックな短編集。
3位 エンタメ小説のフルスイング。伏線展開、キャラがとても巧い。長い小説の
  中でも、様々な個性が埋没していない。
4位 とても個性的で魅力的な発想。「死」を真正面から取り扱おうとすると、
  どれもがワンパターンになりがちなのに、この童話的な発想がそれを新たなる
  魅力へと昇華している。
5位 書くことと読むこと、その両方の内面。そこに絞って人間の葛藤を描いた作品。
  ラノベっぽい展開、文章も逆に、吹き飛ばせない困難などないみたいで力強い。
6位 映画をモチーフに人間関係を爽やかに描いた連作集。特に熟女のキャラクター
  が、皆、魅力的です!
7位 丁寧な文章、展開。静物画のように切り取った場面とその陰にあるモノ。
8位 短いページ数の中で、人間模様をさくっと断片的に、ドラマチックに
  描いています。文章のテンポもいいです。
9位 こういう高校生活って本当にいいな〜とシミジミきます。本格ミステリファン
  の皆様に!
10位 とても凝った展開がお見事!去年の「海」のようなテイストの短編集。

以上ベスト30となりました。ブログのほうがかなり放置状態になってしまって、
すみませんでした。
もっと詳しく細やかに感想も書けたらよかったのですが、こうして一口メモに
なってしまいました。無粋な印象を与えてしまったのならば、申し訳ありませんでした。

なんか地味な本ばかり好きなようで、暗い人のように思われるのかなとか
思ってしまう年の暮れでした。
それでは、皆様、今年は大変にお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。
来年はネズミ年!2007年ランキング20位〜11位
評価:
朝倉 かすみ
講談社
¥ 1,680
(2007-11-13)
11位 カオスの娘 島田雅彦
12位 鹿男あをによし 万城目学
13位 夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦
14位 裁縫師 小池昌代
15位 きみはポラリス 三浦しをん
16位 めぐらし屋 堀江敏幸
17位 好かれようとしない 朝倉かすみ
18位 青い鳥 重松清
19位 メタボラ 桐野夏生
20位 悪人 吉田修一

一口メモ〜
11位 エンタメとしても純文学としてもどちらもグッド!!不穏な雰囲気がいいです
12位 爽やかなエンタメ小説。京都奈良、行きたいですね☆
13位 京都には行きたくても・・こちらはやや爽やかさが・・だから自分、
   万城目>森見なんですってば〜
14位 綿密な文章、展開、鮮やかに情景を切り取る短編小説集!
15位 こちらも、恋の一場面一場面をユニークに切り取った作品集でした
   こういう女性的な作風もいけるんですねぇ
16位 地味ながらも興味を引く題材。重くて柔らかな人生を描いています
17位 文章のひとつひとつが小気味よくて、ありふれた恋愛小説なのに
   独特のムードが醸しだされていました
18位 事件ではない。事件のその後にしぼって描かれた短編集。
   一つ一つのどれもが説得力がありました
19位 暗いけれども万人受けできるエンタメ。ニュース性も十分!!
20位 19位と同様な感想。どちらもページ数も長いですしね
よいお年を!!2007年度 年間ベストテン30位〜21位
評価:
恒川 光太郎
角川書店
¥ 1,470
(2007-11)
21位 フィッシュストーリー 伊坂幸太郎
22位 無銭優雅 山田詠美
23位 がらくた 江国香織
24位 秋の牢獄 恒川光太郎
25位 インシテミル 米沢穂信
26位 ホルモー六景 万城目学
27位 有頂天家族 森見登美彦
28位 死者のための音楽 山白朝子
29位 治療島 セバスチャン・フィツェック
30位 星に落ちる 金原ひとみ

最近、ブログが真剣に手抜きなので、せめて年間ランキングだけでも
マジモードでいかせていただきます!!

ちなみに一口メモ
21位 相変わらずオシャレな文体展開ですらすら読めました!
22位 落ち着いた作風の中にもエスプリを忘れないところ、ビターな恋愛小説
23位 今までの作品と同じなようだけど、少しづつ変化を感じました
24位 「リプレイ」とかのオマージュ。個性的な発想。でも、「夜市」のほうが
   好きだなぁ。表紙がきれいでした
25位 こちらも個性的な発想。「バトルロワイヤル」をさらに進化させた感じ。
   本格ミステリが好きな人は是非!
26位 小話集だけど、やっぱり面白い!
27位 こちらも大好きだけど、やっぱし 万城目>森見なのよね
28位 乙一系の作風。暗くて残酷で、そういうのは好きなんだけど、やや底が
   浅いようにも・・・もう少しボリュームがあっつたらさらに満足できたかも
29位 こちらも本格ミステリが好きな方には!ドイツのにおい満載のエンタメ!
30位 ギスギスして病んでいる雰囲気が!「蛇にピアス」よりも広がっています

千年の祈り (Shinchosha CREST BOOKS)
評価:
イーユン・リー
新潮社
¥ 1,995
(2007-07)
息を飲むような名作短編集、その形容がぴったりでしょう。

「千年の祈り」この短編集に収録されている総ての小説には、とても濃厚な
生活の一場面がほんの20〜30ページに濃縮されています。

そのどれもが客観的で残酷な人間の側面を描いたものであるのに、
どこか温かく、どこか憎めない。
大きな流れに抗う事ができずに流されてしまう人間達の、それでも
その一人一人が精一杯に見せる抵抗。
やるせないわけでもなく、情けないわけでもない、そんな諦めへの
温かい包容力。

個人の暮らしとその背景にある社会、歴史、壮大なバックボーンと
緻密な生活描写を矛盾させることなく、正確で明確に、客観的に主観的に
表現しきったこの短編集。

千年に一度、あるかないか、と言っても言いすぎじゃないと思います。
最近の読書。ダイジェスト!!GW終了、エンタメ編
☆池袋ウエストゲートパークGボーイズ冬戦争 石田衣良
面白かったですよ。いつもどおりかっこいいですね♪
でも出てくるサブキャラの男の子がかなりワンパターン。
あの少年計数記とかでもこんな子出てきたよねという印象。

☆鹿男あをによし 万城目学
GWのエンタメ系での一押し!!奈良京都を舞台にして日本の伝統的な言い伝えを
背景におきながら、爽やかな学園スポコンに仕上がりました!!
表紙を見たら話の流れが簡単に分る、というのもありますが、テンポよく、スムーズ
に進んでいく話の展開。ベタな話なのにベタと思わせない、ディティルの見事さ!
松尾芭蕉まで出してしまっているのに、まったくびびらない作者の心臓の強さと
自信、新鮮じゃないのにある意味新鮮。面白かったです!ご馳走様でした。

☆新訳 走れメロス 森見登美彦
この作者の作品はすごく最近の事を描写しているのになんかそういう感じが全然
しないのがまた魅力ですね。今回も古本屋のほこりっぽくかび臭い匂いがどこまでも
続いていく感じです。もう少し空気の入れ替えとか布団を干したりしたらどうでしょう
か?と老婆心ながらも言ってあげたくなります。

内容は・・・うん、くだらなくて面白かったですよ!!
でも、こういう森見的世界観と近代の文豪作品はとても食い合わせがいいと
思いますよ。

☆神田川デイズ 豊島ミホ

若いのにばりばりとエンタメ系で新作を書いていて、それでいてけっこうな高打率を
記録している豊島ミホ。個人的には「夜の朝顔」とかはあまり好きじゃないのですが、
これは楽しめましたよ♪
冴えない大学生活を送っている大学生たちが「このままじゃ・・」という思いを
抱えながら、それなりにその殻を破る作品。
自分も正直、冴えない大学生活を送っていたので、なんだか「そうだね。あんなもの
なのかもしれないよね」とふむふむと思ってしまいました。
なんだか悶々としている雰囲気がまたグッ!!皆さんがお好きな童貞大学生も
たくさん出てきますよ〜

☆ソウルズ 田口ランディ
短編集です。オカルトでも今回はハートウォーミング路線でしたが、
短編集のせいか、その「オカルト」的な部分にやや説得力に欠けるような
印象を受けました。少し、いや、けっこう物足りない。でも、このくらいの
軽さを狙った作品集なんでしょうね・・・

☆ああ、正妻 姫野カオルコ
このバカ奥さんがすごく不愉快で途中で読むのをやめようかと思いました。
「鬼嫁日記」なんか目じゃないですね。

☆建てて、いい? 中島たい子
適齢期のOL小説ですが着眼点がユニーク!!家を建てるということで、物語が
展開していきますが、それがなかったら角田光代あたりが書いてそうな気もします。
でも、「家を建てる」をテーマにした小説ってあまり思いつかない・・・
最近の読書。ダイジェスト!!GWも終わったよ☆純文学編
200705151343000.jpg

またまた久しぶりの更新でございます☆
前回の日記のおぞましいほどのTBの数に脅えを感じつつも、
最近の読書をまたまたダイジェスト!!
なかなかに内容の濃い自分好みの作品が多い素敵なGWでしたよ♪

☆きみのためのバラ 池澤夏樹
個人的に今月の一押し!!もともと池澤夏樹は大好きなので、点がかなり
甘くなってしまうことを差し置いても、やはりとても素晴らしい短編集で
あることには何のかわりもありません。

美しくて正確で透明感を持った文体もさることながら、何よりも素晴らしいのが
すべての物語に共通して描かれている「別れ」のかっこよさ!!
「別れ」を描いているのにも関わらず、まったく湿っぽさがなく、それでいて
その「別れ」が「関係者すべてが納得のいく爽やかで後腐れがないのにとても大切
な別れ」であること。
そんな密度の濃い別れを未練とか諦念にすり替えることなく、短い短編集の
中で丁寧に描くクール&ビューティのかっこよさ☆
「歴史」とか「言い伝え」とか「過去」を巧く使いつつも、それに対しての距離感の
取り方がさばさばしているからこそなりえた快作でしょう♪

☆めぐらし屋 堀江敏幸
池澤夏樹と同じベクトルの「丁寧で正確な日本語で人間を細やかに描写する
純文学」路線。大好きですよ☆こういうの!!
昭和チックなノスタルジーを匂わせながらも、日本語をすごく大切にしている
登場人物たちが物語り全体を通した淡い雰囲気を壊すことなく、それでいて話しを
展開させていきます。
うまく言えませんが、堀江敏幸の小説は色も音もない世界、そんな世界の中で
突然に浮かびだす淡い色彩とかすかな音、辛くもないけど甘くもない、日々の暮らしとは
こういうものだと伝えたいと思うのです。

☆ダーティワーク 糸山秋子
純文学とエンタメの匙加減が今回も絶妙な糸山秋子。「ダーティワーク」は
連作短編となっているため、一人称と三人称が絡み合うところ、主人公が
他の作品のサブキャラとして出てくるところ、そのため登場人物が増えすぎる
ところ、など読みにくいマイナスポイントはけっこう出てくるものの、この
作品もテンポがよく楽しんで読める作品でした。

「ダーティワーク」というタイトルの通りに「治るみこみのない病気」など
全体的に暗くて救いの薄いモチーフを取り扱っているのに、そんななかで
クローズアップする場所を変えて、また作品ごとのピリオドを打つ点を
工夫して「希望の持てる」印象に終わらせていて読後感がよくてとてもいいです☆

新しい挑戦ととっつきやすさ、糸山秋子は自分にどんな作品が求められていて
どんなふうに表現できるのかというのまでよく分かっておられるんだろうなぁと
感じました。

☆ピアニシモ・ピアニシモ 辻仁成
最近、個人的になんとなくあまり楽しめない辻仁成の作品ですが、あの「ピアニシモ」
の続編ときたら読まないわけにはいかないでしょう!!
「トオル」と「ヒカル」が戻ってきたんですよ♪でも「ピアニシモ」ももう細かい
所までは覚えていないや・・・なんか自分の分身みたいな男の子と自殺の瞬間とか
を見たがる話だったよね??また読み直してみます。

まぁ続編なんだから当たり前なんですが、そんな分りにくい設定をスムーズに
しみこんだまま話しを展開させて、辻作品では久しぶりに楽しめました。
ものすごく無機質で退廃的な中学校を舞台にしていて、「見えるもの」のなかに
「見えないもの」が唐突に混ざっていくのも、ほとんど説明がないのに強引さ
が感じられなかったです。
無機質で退廃的で強引で不親切で心が荒むようで、テーマもモチーフも文章も展開も
すべてが「そこそこマイナス」なのですが、物語り全体がすべて「そこそこマイナス」
なので逆に調和が取れていますね。
「灰色」という作品全部を通したキーワード、そのまんまの作品に仕上がっていると
感じました。もちろんいい意味でですよ!!

☆ハイドラ 金原ひとみ 
バイオレンス系まっしぐらの金原ひとみですが、今回は主人公の「無茶食いして
わざと吐きまくる」描写があまり多くないのに印象に残る。この「食べて吐く」という
動作はなによりも不健康な雰囲気を読み手に与えますな。かなり重度の精神への
ダメージが感じられます。
今回の小説は「自分が認められたい欲求」が全面的に押し出された小説だと
思うのですが、個人的にはもう少しページ数があったほうが・・と
あと、文章も少し粗い印象を受けました。

☆臍の緒は妙薬 河野多恵子
なぜか金井美恵子と勘違いしていました。戦争の頃の短い話でした。
すみません。それしか感じませんでした。本当に申し訳ございません。